ニイハオ中国(つばめ)

戸田ゼミコラムのアーカイブです。このコラムはすでに連載を終了されています。

義父が「昼食もつばめ達と一緒に」と口にした瞬間、
つばめの6階で昼食を食べるという夢はついえた。
やっぱり一緒に食べるのが妥当だ、という思いと、
それでも諦め切れない未練とが葛藤し、
頭の中には、スパゲティーやグラタン、
ハンバーグ、カレーにシチューなど、
日本食とはいえないけど、
日本人がよく食べる食事が浮かんでは消えていく。
うどんやどんぶり、天ぷらにお好み焼き、
関西人のつばめは、昼食にたこ焼きなんてのも
OKなんやけど。。。
しかし中華しか受け付けない超保守的な義父には、
どれもこれもNGである。

あーあ、これからも、毎日毎食、中華かぁ。。。

しかし、情勢はもう、後戻りできないところへ来ている。
しょうがない。ここは気持ちを切り替えて、
中華の作り方でも勉強するか。
そう思ったつばめは、
最後の数日間、親戚のおばあさんの食事作りを見て、
必死にメモを取った。
(それまでは、自分が中華を作って食べたいという
 気持ち自体が希薄だったため、
 真面目にメモなど取ったことがなかった)

かくして月曜日、はじめて義父、つばめ、
そしてふたりめちゃんの3人で
昼食を取ることと相成った。

前日、何時に昼食にしたいか義父に聞くと、
11時半から準備して、12時に昼食にしようとのこと。
つばめは義父の好きなジャージャー麺を提案し、

「お父さんはきっとご存じだと思いますけど、
 私一応調べたので、渡しときます」

ジャージャー麺の味噌の作り方を書いた紙を
前日の晩に渡しておいた。
そして約束の11時半に1階に下りてみると、
義父、すでに味噌を作り終えていた。

「お義父さん、すごいじゃないですか」

とほめてみると、義父、まんざらでもない様子。

「紙に書いてある通りに、五花肉の肉と脂身を切り分けて、
 それぞれちゃんと切ったんだよ」

と自慢げ。
それを聞いてつばめ、

「ああ、やっぱり作り方を全然知らなくて、
 紙を見ながら一生懸命やったんだ。
(うちの五花肉はもうやわらかく煮てあるんだから、
 そんなことしなくていいのに・・・)」

と納得。やっぱり紙を渡しておいてよかった。
(私が教えるっていうのは、絶対受け付けないと思うし。)

とにもかくにも、つばめはキュウリの細切りなど準備するだけですみ、
はじめての昼食としてはとてもいい雰囲気で、
おいしくジャージャー麺をいただいた。

つづく。

義母が亡くなって数週間は親戚(義母の妹)が残って
食事を作ったりしてくれていたのだが、
その親戚もあと数日で田舎に帰ることになった時、
つばめは思い切って口を開いた。

「お義父さん、これからお昼ご飯はどうしたいか、
 考えといてくださいね。私達と一緒に取るのか、
 それとも別々のほうがお義父さんはいいですか。
 私はどちらでもいいので、お義父さんが決めてください」

義父は即答せずに考えている様子。
何日たってもお義父さんからの返事がないのに焦れたつばめ、

「私たちは上で日本食作って食べるのは全然問題ないのですが、
 お義父さんはやっぱり家族で揃って食べたいですかねー。
 もしお義父さんが、夜だけ家族揃って食べたらそれで十分、
 と思われるようなら、昼は私たちは6階で食べますし、
 やはり昼も一緒に、ということなら、
 私はそれにも異存はないです」

と、かなり踏み込んだ言い方をした。
今思うと、こんな言い方をされたら
よほど義父は、それでも一緒に、
とは言いにくかっただろうと思う。
言った後、ちょっとストレートすぎたかと思ったつばめ、

「まぁ、何を食べるかは別として、家族団欒することが
 大切ですかねぇ」

とフォローの言葉をつなぐと、義父、

「そうそう!」

とすかさず相打ち。
どうやら義父は、私達と一緒に昼食を取りたいと
思っているようだということが分かった。

翌日、義父の出した答えは、

「1階で一緒に食べるほうがいいだろう。
 君も子供がいるのに、ご飯なんて作れないだろうし」

というものだった。

「いえ!昼食ぐらい作れます。
 お義父さんのほうが心配なだけで」

と思わず言いそうになったが、
すんでのところで口をつぐんだ。

「ワシとつばめ、どっちが先に食事を上手に
 作れるようになるか、競争しようじゃないか」

と義父豪語。

「どうやって競争するんですか、
 今日は私、明日はお義父さん、っていうふうに
 交代で昼食を作るんですか」

と聞いてみると、

「いや、そんなことはできない」

と義父。
結局、自分一人で食事の支度ができる、
と言いたい気持ちはあるが、
自信がないのだろう。

後で夫に、

「私は6階で昼食を作って食べるのは全然問題ないと、
 お義父さんに何度も言ったのだけど、
 お義父さん、全然信じてくれなくて。
 君達がきっと大変だから、って
 1階で一緒に食べることにしようって言うのだけど、
 お義父さんのほんとの意図はどうなのかな。
 私達が心配ゆえに1階で、って言ってくれてるのなら、
 そういう心配は本当に不要なんだけど。。。」

と夫に聞いてみると、

「親父は本当に君達のことが心配なんだと思うよ」

と夫。

「私はお義父さんが心配で、ほんとは6階で食べたいけど
 1階で食べようと思ってて、
 お義父さんも、ほんとは一人で食べたいけど、
 私達が心配で一緒に食べようと言ってくれてるってこと?
 そんなことならほんと、別にしたほうがいいよね!」

と言ってみたが、夫、無言。
結局、そのまま、親戚が去った翌日から、
義父とともに1階で昼食を取ることになった。


つづく。

義母が亡くなってすぐに
直面したのが食事をどうするかという問題。

夜は、夫が帰ってくるので
1階で皆で夕食を取ることになるのはいいとして、
問題は昼だ。

今までは、義母が作ってくれていたから、
マントウやインドのナンのような主食と炒め物を食べ、
粟やトウモロコシ粉のお粥も飲んでいたけど、
義母が亡くなった今、
それらを自分で作って食べたいとは、
まったく思わないのである。

「昼ぐらいは自分で日本食を作って食べたい・・・!」

という思いを夫に伝えると、

「まぁ、昼ぐらいは、もしつばめが6階で
 自分で作って食べたかったら、それでもいいけど・・・」

と夫。しかし、心配なのは
今まで全く台所に立ったことがない義父。
1階にはいつも夜の残り物が何品も冷蔵庫に入っているし、
昼ぐらい何とかなりそうだとは思うけど、
義母が亡くなって以来、食欲も落ち、
何を食べても

「母ちゃんの料理が一番おいしかった・・・」

とばかりに首を振り、

「母ちゃんは毎日、いつもいろんな献立を考えて、
 毎回違ったものを食べられるようにしてくれていたけど、
 今になって、毎度の食事に何を食べるか考えるのが
 こんなに難しいとは思わなかった・・・」

とつぶやく義父。
何かのテレビ番組を見て以来、
「体に悪いから」と食べるのをやめていた
インスタントラーメンを頻繁に食べるようになった。
その様はまるで、

「もうワシはどうなってもいいんだ。。。
 ワシも母ちゃんの後を追っていきたい・・・」

と言わんばかりである。

こんな義父を前に、

「お義母さんも亡くなったし、
 これからは私と子供は6階で昼食を取りますから」

とは、とても言えなかった。
この機にきっぱりと昼は6階で食べることにしないと、
これからもずっと1階生活から抜けられない、
と思って、よほどはっきりと言ってしまおうかと
悩んだが、やっぱり言えなかった。

しかし義父も、もしかしたら
昼間っから嫁と孫に来襲されるより
一人でゆっくり昼食を取りたいと思っているかも
しれない、まずは義父の意向を聞いてみよう、
そう思った。


つづく。

↑このページのトップヘ