さて、ラオビンに太刀魚を包んで食べ、
エビ粥をすすった日の翌日、
つばめが考えたメニューは、
残り物の肉まんカリカリ焼きと粟のお粥。
(野菜はいつも、前日の残りの炒め物や、
湯むきトマトの砂糖がけや、キュウリの黒酢和え、
ゆで野菜サラダなどで済ませている。
たまに出来合いの総菜を購入。)
何もひっかかることはないだろうと思われたのに、
電話でこのメニューを伝えると、
またもや義父、不機嫌。

1階に降りると義父、開口一番、

「トウモロコシ粉があんなに余っているのに、
 なんで粟のお粥なんだ」。

どうやら義父は、トウモロコシ粥が飲みたかったけど、
つばめに「自分の食べたい物を作って食べる」
と宣言された手前、それを言い出せなかったようだ。
つばめの感覚では、肉まん類には粟のお粥が合うと
思っただけだったんだけど。。。

しかしこれは、進歩である。
つばめが考えたメニューを食べる、
ということを前提にしているからこそ、
こんな愚痴が出てくるのである。

「思いつかなかっただけなので、次は教えてください」

と言って、その場を収めた。

ご機嫌だったのは、金曜日のジャージャー麺。
義父にとって、自分で作ったものを食べるというのは
とても気分のいいものらしい。

つばめたちが

「おいしい!」

と言うと、誇らしげな笑顔を見せる義父。

つばめとしては中華だろうと日本食だろうと、
自分が作りたいという気持ちだが、
義父との昼食は、やっぱりできるだけ義父に
作ってもらうようにしたほうがよさそうだ、
そう改めて思った1週間だった。