西葫芦の軟餅事件の夜、帰ってきた夫に、
義父とのあれこれを報告。

「前日の夜に、あれほどはっきり
 西葫芦の軟餅にしましょうって、
 理由も話して義父も納得したはずなのに、
 翌日には、前日言ったことを
 まるで聞いてなかったかのように、
 自分一人でシラッと餃子をゆでて食べてるっていうのが
 ほんと腹立つ!話した意味が全くないじゃない!
 まったくお義父さんは一体、何を考えてるのかしら」

とつばめ。夫は、

「親父は、子供を抱えたつばめに
 料理を作ってもらって食べるというのが、
 自分が全く廃人になったように感じるんじゃないかな」

という。
つばめには晴天の霹靂。

「えーっ?まさかそんなこと!」

日本だと祖父母世代で料理を全くしない
おじいちゃんなんて山ほどいるし、
そういう人たちが、料理を作ってもらっている自分を
ダメ人間だと思っているなんてこと、
全くないと思うけど。。。
しかしうちの義父はどうも、
変なところにプライドがあるようで、
どうしてもそういう風に感じてしまうようなのである。

いや、義母が作ってた時は、
全く手伝わずに出来たてを一番先に食べるのみならず、
量が多すぎだの少なすぎだの、味がどうだのと
あれこれ文句までつけていたのだから、
外国人の、ろくに料理もできないつばめに
自分が作ってもらうしかないというところが、
義父にとってどうしても引っかかるのかもしれない。

「ワシのほうが、外国人のつばめなんかより
 中華料理のことは分かっとる。
 お前なんかに食べさせてもらわなくても、
 ワシは自分の分ぐらい、自分で何とでもできるわい!」

そう、義父は言いたいのかもしれない。
確かにここ数日の義父の態度は、
そう言われればそう見えなくもない。
そっか、だからここ数日、いくら事前に話してても、
勝手に一人で食べていたのかぁ。。。

つばめがメニューを決めるのに従うというのも
しゃくに触るけど、自分では何にも思いつかない。
自分で西葫芦のチヂミを作れるところを見せたいけど、
自分では作り方が分からず、
ろくに料理もできないつばめに頼るしかない。
結果、ああいう態度に出るしかなかったのだろう。

「それに、前日の晩から、翌日の昼のことを聞かれるのも、
 親父にとってプレッシャーなんじゃないかな。」

と夫。
それもそうかも、と思ったつばめ、
翌日から、その日の10時に1階に電話して、
義父と昼食のことを相談することにした。


つづく。