ニイハオ中国(つばめ)

戸田ゼミコラムのアーカイブです。このコラムはすでに連載を終了されています。

カテゴリ: 550回〜

10月1日は国慶節、中国の国の誕生日で
毎年約1週間ほどお休みとなります。

つばめも前日の30日から会社にお休みをいただき、
家族で夫の生まれ故郷である河北省の田舎で
3日間ほど過ごしていました。

農家の親戚の家の畑でトウモロコシをもいだり、
柿やりんごの収穫をさせてもらったりした以外は、
なーんにもせずにゆっくり過ごしました。

581

仕事を始めてから目の疲れがひどかったので、
パソコンから離れてゆっくりできたのは
とてもよかったです。
子供達も親戚のみんなにかわいがってもらい、
帰りにはまだ帰らないと駄々をこねていました。

帰りはまた車で5時間かけて北京の家まで戻ってきました。
空いていれば、北京市内を抜けたところから数えて
だいたい2時間でつくそうですが、
連休ということで、北京を出る際も、北京に戻る際も
大渋滞で5時間かかりました。

去年はふたり目ちゃんがまだ2歳で、
長距離の移動になると色々と心配でしたが、
3歳の今年はそういう心配はあまりせずにすみました。
子供は1年1年大きくなっていくものですね。

後半は子供たちが風邪をひき、どこへも出かけずに
家でゆっくりしていました。

そして今日からまた出勤です。
連休に子供たちと出歩くと、連休明けに
ドッと疲れが出るのですが、
うちでゆっくり過ごしたせいで、
逆にリフレッシュできてよかったです。

今週は国慶節休みの振替のため、
土曜日まで出勤し、休みは日曜オンリーです。
あと4日、お仕事がんばりまーす♪

最近、コラムの更新が滞っていて
すみません。

実はつばめ、9月にふたり目ちゃん入園と同時に、
家の近くの日系企業で仕事を始めました。

ほんとは下の子が幼稚園入ったら、
ここ5、6年、子育てに追われ、
ほとんど持てなかった自分の時間というのを
ゆっくり楽しんで、それに飽きたら
仕事でも探そうと思っていたのですが、
8月に人材紹介会社に登録にいったところ、
タイミングよく家の近くの企業が人材を急募しているとのことで、
面接に行ったら、そのまま決まってしまいました。
前任者が辞める直前の急募ということで、
ふたり目ちゃんが半日幼稚園に行き出した初日から
つばめも半日出勤し、先週からやっと、
全日出勤をはじめたところです。

全日といっても、午前8時から午後4時半まで。
実は翻訳(というよりも中国人が翻訳した日本語の文章チェック)
という仕事内容自体にはあまり気が進まなかったのですが、
正社員は9-18時勤務のところ、
できれば夕方、幼稚園のお迎えに間に合う時間に上がりたい
という私の条件を受け入れたうえで
正社員として雇ってくれたことが、
ここの会社に就職を決めた大きな理由の一つです。

若い時は、責任ある仕事がしたいとか思ったものですが、
家庭を持ち、小さい子供を2人かかえる身となった今、
下手に責任ある仕事を任されて残業があるのも困るし、
家で家事や子供の相手をする余力も残しとかないといけないし、
この会社の日本語チェックの仕事は、
いざ子供が病気になった時などには
自宅勤務など多少融通もつけられそうでもあり、
かなりフレキシブルに働ける余地がありそうなところが
気に入っています。

ちなみに仕事開始前の8-9時は、日本語教師の資格と経験を生かして、
社員への日本語トレーニングを受け持つことになりました
(0初級クラスと1級取得以上の上級者クラス)。

もう一つ、この会社に決めた大きな理由は、家からの距離。
自転車でドア・トゥー・ドアで10分という近さ。
毎朝7:30に家を出て、自転車の前・後ろに子供たちを乗せ、
幼稚園まで送り届けた後、
そのまま会社へチャリ通勤。
早朝のすがすがしい空気をほほに感じながら
王府井大街を自転車で走り抜ける爽快さ。
そう、王府井大街は歩行者天国として有名ですが、
朝9時以前と、夜11時以降は
車両通行可能なのです。

580

夕方は、故宮の東側を縦に長く走る
「皇城根遗址公园」に沿って北に10分走れば、
幼稚園に到着。
自転車通勤の待ち時間ゼロのロスのなさ、
通勤ラッシュにもまれず、快適に街を走り抜けられる
幸せを毎日感じながら出退勤しています。

仕事が終わった後、子供達の顔を見る喜びもひとしお。
チビちゃん、ふたり目ちゃんを自転車の前・後ろに乗せ、
王府井教会付近まで行って、幼稚園のお友達と
遊ばせながら、ママ友・ジジ・ババ友とおしゃべり。
時には市場によって買い物に行ったり、
結構ゆっくり過ごせるのも、16:30退勤だからこそ。

 

唯一の想定外は、目の疲れ。
一日中パソコンの前に座って日本語チェックしていると、
まるでもう老眼入ってるのかと思うほど、
ボ~ッと目がかすんできます。
1から翻訳じゃない分、限られた時間の中で
結構大量の文章をチェックしなければならないんです。
日本人駐在員さん、中国人社員のみんなともいい人達ばかりで、
他は全部気に入っていますが、
目のせいで、長く続けられないかもしれません。。。

試用期間が3カ月あり、
3か月後にはまた失業しているかもしれませんが(笑)、
とりあえず、できるだけ目を休めつつ、
続けられたらいいなぁ~と思っています。

うちのふたり目ちゃんも、
9月からついに幼稚園に通うことになりました。

ふたり目ちゃんは北京戸籍がないので、
公立幼稚園の園児募集基準を満たしておらず、
どうなるかとハラハラしましたが、
知り合いの先生の配慮もあって、
無事入園の運びとなり、ほっとしています。

初日の朝、兄と一緒に家を出て、
7:40には幼稚園に到着。
お兄ちゃんは朝ご飯があるけど、
初日のふたり目ちゃんは朝食なしの8:30開始なので、
故宮東側の遺跡公園で、持参したパンと卵を食べて、
ブラブラお散歩した後、再び幼稚園へ。

クラス担任と保育員の先生は、
以前チビちゃんが年中さんの時にお世話になっていたので、
顔も知っているし、安心です。
頭の中の8割ぐらいは日本語と思われるふたり目ちゃんですが、
先生の話は全部分かっているようで、
指示に従って、遊んだり踊ったり、
ご飯もモリモリ食べて、おかわりまでする始末。
兄と違って、何をするのも早いので、
見ていて安心です。

第一週は親付き添いで11時に昼食を食べたら、解散。
第二週は親なしの半日保育となり、
第三週目から、AM7:40~PM5:15まで、
三食昼寝付きの終日保育となります。

お昼寝の時間が、11:40~と早く、
また3時間近くもあるので、
ふたり目ちゃんもそのリズムに慣れるまで
かなりぐずるかもしれません。

上のチビちゃんの時は、
「お昼寝があるから、幼稚園が嫌」と
かなり長いことぐずっていました。
なんでも、寝られないのに
ベッドにじーっとしていなくてはならなくて、
起きたら怒られるのだそうです。

いずれにしても、できるだけ早く幼稚園生活に慣れて
楽しく過ごしてくれたら、親としてはありがたいです。

↓幼稚園の中庭で。

579-1
579-2

↓朝、昼、夕食におやつもついて、保育費は1080元/月。やっぱり公立は安いですね。

579-3

つばめが昼食に特に炒め物や肉料理を作らなくても、
冷蔵庫には、ほとんど毎日、
前日の晩の炒め物や
肉料理の残りが入っている。
だから、主食とスープor粥を考えるだけで、
昼食の形は、ほぼ整う。

といっても、今まで義母の料理を食べるばかりで、
全く料理をしてこなかったつばめが、
簡単なものとはいえ、昼食のメニューを考え、
それらしきものを作ったりできるのは、
ひとえに6年間義母の料理を食べてきた
年月の賜物である。

義父はすぐ、
「お前作ったことあるのか」
というが、作ったことはなくても、
どういうものなのかというのは、
舌がだいたい覚えている。
義父がいう「かぼちゃのガーダスープ」
というのがどんな形状でどんな味なのか、
「緑豆麺が入ったスープ」といったら、

「ああ、白菜の細切りと緑豆と雑穀で作った麺を入れて
 うすい塩味をつけた、あのスープだな」

と、すぐ分かるのである。
そしてどんなものを作りたいのかさえ分かれば、
今はネットで何でも調べられる時代だし、
自分が食べたことのある味に近づこうと
色々調べたり、何度も試行錯誤しているうちに、
だんだんそれなりのものもできるようになってくる。

他の家庭では同じ名前のスープでも、
作り方や味が全然違ったりするので、
それぞれの家庭には、それぞれの食文化ともいえるものが
あるのだなぁ、と改めて気づいた次第。
(我が家のスープは、主に白菜、ほうれん草、
 かぼちゃの3種類。時々小白菜や冬瓜も。
 全て先に油で軽く具を炒めて塩・醤油で味付けした後に
 水を入れて、最後に再び味を調えて出来上がり。)

6年間義母の作る料理を食べてきた意味、
義母の遺した遺産を
いつのまにか受け継いでいる自分を
改めて発見しているこの頃のつばめである。

その後の義父は、相変わらず
つばめが新しい料理を作ろうとするたびに、

「お前、いんげん豆の肉焼きそばなんて作ったことあるのか?
 作れもしないくせに何でも食べたがって。。。
 いんげん豆はちゃんと火を通さないと中毒になるぞ。
 おい、塩入れすぎじゃないか?お湯もっと入れないと」

と、自分も作ったことないくせに、
口だけは忙しいことこの上ない義父であったが、
いざ出来上がると結構ご機嫌で食べ、
おかわりまでしたりするのだから、
つばめの残り物を使った即席昼食も、
まぁなんとか合格ラインなのではないかと思っている。

こうして1か月、義父との昼食をともにして
思ったことは、

「私、なぜか昼食の中華的献立をどんどん思いつく」

ということ。
献立といっても、残り物を中心に考えているので
たいしたメニューを考えるわけではないが、
白ご飯+白菜と薄切り肉入りすっぱいスープだとか、
肉まん野菜まんor軟餅+粟粥など、
主食&スープor粥など、1食の組み合わせの仕方が
何となく分かるのだ。

これは中国共通ということでは全然ないと思うが、
あくまで、我が家では、主食以外に、
だいたいスープかお粥を準備する。
そして、主食によって、スープがいいのか
粥がいいのか、粥といっても、米粥なのか、
粟粥やトウモロコシ粥がいいのかというのが
変わってくる。
その「我が家の献立ルール」とでもいうべきものを
自然に身につけている自分に気づいた。

《肉類》
肉は、我が家(義父母宅?)では煮込みと決まっていて、
鶏肉だろうと、豚肉だろうと、牛肉だろうと、羊肉だろうと、
すべて大きな塊肉を何時間もかけて煮込むのだ。
北京では割合ポピュラーな「宮爆鶏丁」や「魚香肉丝」
などの料理が食卓に上がったことは一度もない。
鶏肉は一匹丸ごと買ってきて、さばいて煮込む。
義母は、週に1、2回、煮込み肉を作り、
その他の日は、残り物の肉を温めたり、
煮込んだ塊肉を薄切りにしたものが炒め物に入ったり、
別の料理っぽく少し加工したものなどが食卓に上がった。
新しく作った煮込み肉は、蒸したての白ご飯とともに
食べることが多く、そんな日は、
家族みんなの顔に笑顔がこぼれる。

《野菜類》
野菜炒めは毎食1、2種類新しいものを作り、
その他に前日の残り物も並ぶ。

炒め物以外に、ご飯を蒸す際に
さつまいもやじゃがいも、にんじん、長いも等の
根菜類を一緒に蒸し、皮をむいてそのまま食べる。
時々、かぼちゃを蒸して食べたり、
蒸しナスにニンニク&ゴマ油のたれをかけたものが出る。
他にほうれん草のごま油和えなど。

サラダはほんの時々、ゆで野菜のサラダが出ることもあるが、
生で食べる野菜はキュウリ(黒酢和え)とトマト(砂糖がけ)、
そして葉っぱ類や青大根、ラディッシュ、長ネギ等は、
みそをつけてかじって食べるのだ。

昼は、麺や餃子など、
主食と肉、野菜が一緒に取れるような
メニューが多かったが、義母は毎食、
主食の種類と調理法を変えることで
バラエティーを出していた。

《主食類》
マントウ(家では作らず、決まった店で購入。
残ったマントウは薄切りにしてフライパンで焼くことも。)
糖三角(三角のマントウの真ん中に溶けた黒砂糖が入っている主食。
家では作らず、決まった店で購入。)
あんまん(家では作らず、決まった店で購入。)
ご飯(蒸しご飯、残ったご飯は、翌日お粥になるか、
ネギ卵チャーハン、トマト卵チャーハンになる。)
麺(我が家ではトマト卵麺、ジャージャー麺、
いんげん豆の焼そばの三種類)
餃子(肉、ニラ)
豚まん・羊肉まん、ニラまん
烙餅(=ラオビン、インドのナンのような主食、
残り物のラオビンを細切りにして炒めると「炒餅」になる)
軟餅(我が家では西葫芦のチヂミのみ)
焼餅(=ジャオビン、膨らみ損ねたパイのような主食。
家では作らず、決まった店で購入。)
餡餅(=シァビン、肉ミンチお焼きとニラお焼き)
胡饼(=フービン、トウモロコシ粉の生地を伸ばして
カリカリに焼いたもの)
ウオトウ(トウモロコシ粉をこねて円錐状にして蒸した主食)

とざっと思いつくだけでも、
これだけの主食がある。

そして、これら常食する主食の中で、
どれが夜向けで、どれが昼向けかということも、
6年間義母の献立を食べてきたつばめには、
何となく分かるのである。


つづく。

↑このページのトップヘ